2008-09-07

自分に帰ってくる。

24のシーズン5の驚異的な複雑さと予想外の展開に鷲掴みにされ、連続で見過ぎて頭が痛い。でも今日は雨と風が強かったので家に籠っているほうが懸命ってもんです。どうでもいいけど、シーズン5には、ロード・オブ・ザ.リングのサムと、ツインピークスのリーランド・パーマーが出ててそれはそれは愉快です。
それにしても24で話される英語は早過ぎてチンプンカンプンでやるせなさでいっぱいです。(DVDは英語版。)どうしてまだこんなに英語がわからないんだ自分?今頃もうちょと英語にチューニングされてる予定だったんですが。。。人質とか、暗殺とか、誘拐とか、神経ガスとか、厳戒令とか、そうゆう日常会話ではあまり使わない言葉は覚えたけど。

異国のロンドンにいたって、来てすぐの外界の目新しい世界に目を奪われてた時期を過ぎ、普通に部屋でDVDを見たりして休日を過ごすようになると、日本にいた時とそんなに変わらない気がしてくる。できる限り外の物を吸収しようと一旦は奮闘しても、それも一段落すると再び自分に戻って来る時間を持つようになってきた。これは森有正さんの「はるかに行くことは、遠くから自分に帰ってくることだ」という言葉の影響受けまくり発言なんですけど、その意味が何となく分かるのです。帰って来た自分が成長してるようにと、遠くに出かけて行くのです。遠くに行くのは目的ではないのです。帰ってくる場所を失ったら人間はおしまい。で、その帰って来た自分は3ヶ月前と何か変わったか?髪が伸びたこと以外にも、たぶん何か変わってるんだろうけど、根本はほとんど変わってないと思う。そりゃいろいろ新しい経験はしてるけど、まだまだ積み重ねがいりそう。でも雨でも傘を差さなくなったかな。
周りの風景や人種が変わっても、自分は自分。結局自分は世界のどこに行ったって逃れようがなく、一生かけて経験を蓄積していく装置です。ひたすら上に上に、一元的に。節目はあっても枝分かれや全く新しい再出発なんてことはない。リニアな線です。(卒制の時もこんなことを言ってたね。)この装置だけが自分が信頼できる唯一のもの。この装置と、それを補助するいくらかの証拠品さえあればとりあえず満たされる。
今までのまだ乾いてもない、厚塗り上にさらに上塗りする訳だから、きれいにロンドン色に塗り替えられるわけじゃない。しかもこの頑固者の僕は、その引きずってるもののどうしようもない重さをひしひしと感じる。過去をわざわざ振り返るまでもなく、今の自分に影響してるものの重さ。ロンドンに住むってゆう一見重大な変化も、今までの経験の蓄積の中にすっかり飲み込まれていく。自分の過去の前にしたらロンドンという異国は大したことないのかもしれない。別に悪い意味じゃなく、自分の過去の蓄積は偉大なもんだということです。その自分の一貫性は宝物です。こうゆうのをアイデンティティってゆうんですか?それをわざわざ断絶させるのもナンセンスだし。より人間らしくするために他人の過去の記憶を人造人間に移植したタイレル博士は正しい。
と同時に、金と時間を費やしてるんだから、それに見合うだけの新しい物を得る努力も怠りたくもない。でもこうゆうことってほんとに積み重ねで時間がかかる。
多様すぎるロンドンは僕を簡単に受け入れはするけど、僕を必要としてないしかわいがってもくれない。英語ができないことを除けば外国人であることはここでは何も意味しない。ロンドンに何しに来たか?ちょっとした香り付けでしょう。それも自分にしか分からないような微香でしょう。それがいいもんかどうかは知らない。

そんなことより、Radioheadのトム・ヨークともう一人が、寝起きのような緩さでカバーしてるPortisheadの"The Rip"がすごくいいです。いやまじで、これを紹介しようとして書き出したんです。


原曲も泣ける。ビデオのキモさもピカイチ。

3 comments:

Kazuhisa MURATA said...

「…ちょっとした香り付けでしょう。」…いいね。使える。

まあしかし、自分に付いてる香りは自分では気づかないことが大抵で、てこともあります。

五感の記憶の中で香りのそれが一番確か、とも。


"The Rip"もいいね。

まなびーと said...

これを紹介しようとして書き出したんだ(笑)
今日Portishead買おうか迷ったんだよね。
買えばよかった。
Radioheadのチケットも取れば良かった。
mixiで譲ってもらおうかな。

ボクは三ヶ月前と何がかわっただろうか。。
雨でも傘は差すしな。なんだろう。

hashi said...

村田先生(!)
使えるって、どこで何に使うんですか!?
確かに自分のことは自分が一番知らないとも言えますね。
自分では気付かないのに、うちの親に「あんた汗臭いで」とよく言われたもんです。
香りって不思議で、ある香りを嗅ぐとそれに関連した遠い昔の記憶でも呼び覚ましますのに、香り自体は嗅ぐまでなかなか具体的には思い出せない。嗅覚は深いところに保存されてるんですかね〜。

まなぶ
曲を紹介しようとして書き出したところ、挨拶部分が肥大化してしまいました。
Radioheadのライブ日本でもあるのかー。でももう最近の2枚のアルバムはほとんど聴いてすらないや。NudeのRemixコンテストはおもしろいけどね。2000曲以上も投稿されてるし!
Portisheadのライブがあればいいのにな〜。全然やらないからなこの人たち。新しいアルバムもいいけど、ライブDVDが一番いいよ!