2008-11-26

Denmark & Sweden


Unit Trip(=研修旅行みたいなもの)でデンマークとスウェーデンに一週間ちょっと行ってきました。コペンハーゲン→マルモ→ストックホルムを巡りました。ロンドンから飛行機でコペンハーゲンまで2時間。時差は1時間。みんな英語が流暢に話せる。結局はイギリスと同じヨーロッパの先進国。なので日本の国内旅行のノリと大して変わらんです。

いろいろ巡ったので何から書けばいいのかわかりません。とりあえず北欧は初めてだったので一般的な印象を書き留める。

清潔:日本から来ると特に感じないだろうけど、ゴミ溜めのようなロンドンから来ると感動的。電車のバナナの皮が落ちてない!ホテルとかも掃除が行き届いてる。)

安全:道に自転車が日本のように無防備に留めてある。ここでさりげなく発表しますけど、自転車盗まれました!)

美女、美男が多し:噂は間違いなかった!オシャレなバーとかに行くと、ほんとにすごい。なんて美しい生き物だ〜と見とれてしまう。

食べ物が意外とおいしい:北欧って食べ物がおいしいイメージは特になかったけど。どこで食べても大体まちがいない。外で凍えた後に頂いた温かいスープとパンとかほんとおいしかった。

ストックホルムは寒い:夜は-2°ぐらい。外を歩き回ってたので風邪を引いた。でもそのぶん暖かい室内に入ったときは癒される。それにしても北欧の暖房は日本の暖房の暖かさとは何か質が違いました。たぶんあっちは冬は常に暖房入れていて、空気だけじゃなくて建物自体が暖まってるからかな。

太陽:日が短くて3時半ぐらいにはほぼ真っ暗。日中もずっと太陽が低くて夕方みたいに横から光が射す。噂の北欧の光です。ドラマチックです。寒い北欧に冬に行くのは億劫になるけど、実際はとてもいいもんでした。

総括して北欧はいいとこでした。特にデンマークはほんとに優等生だなと感じます。住むには退屈かもしれないけど。

あとどうでもいいんですが、この旅行の引率の適当さには呆れました。。。先生は同行してるけど、彼らは特に引率してるとは言えず、先生、学生ともにみんな自由にフェイドアウトしていったりします。学生が電車に乗り遅れそうになっても待ったりしない。いい意味で言うとみんな自立した大人だと。年に2回のトリップ(もう一回ある。次はドイツ。)を毎年続けるには、几帳面にオーガナイズしてたんじゃ保たないんでしょうけど。

まあこの程度にして、後は見た建物の写真を適当に載せていこうかな。気が向く限り、順々に。

No comments: