2009-08-22

暗い部屋にて



(ロンドンに帰ってきました。)
うちの部屋は夕方になると西日が強くて堪え難い暑さになるので、カーテンを閉めて映画を観ておったら、窓の向かいの白い壁になにやら光が当たってる。
ぼろぼろのカーテンのちいさな隙間から漏れてる光ではあるようだが、なぜか壁全体がもやもやしている。
これはもしやと思ってカーテンの外の景色と見比べると、やっぱりカメラ・オブスキュラ!
隙間の大きさと向かい壁までの距離と強い西日の幸福な出会い。
北斎が描いた障子に映った富士山「節穴の不二」という絵をどこかで見たことがあったので、偶然に起こることもあり得るとはわかっていても、不意にこんなにきれいに写ってると仰天してしまいました。

4 comments:

Anonymous said...

カメラ・オブスキュラ!
偶然に、ここまでピントが合うことがあるんですね。

元祖カメラの中に住んではるんですね、素敵!

MIDORI said...

はっしー

一週間のロンドンライフを満喫して帰ってきたよ〜
いれちがい残念!

はっしーのうちって どのあたりにあるの?

わたし ひとりで歩き回ったからかなり詳しくなった気がする〜〜
わたしは goodgestreetって駅ちかくにずっといたよ〜British Museumのちかく。

tetta said...

すっげ、
ディズニーランドのより凄いね。

いいなあ。
論文で書いた事あるぐらい好きなのに、出会った事ない。

hashi said...

Anonymous
偶然にしてはほんとにうまく写ってるよね。
昔の人とか何も知らない人が見たらもっとびっくりしただろうな。

MIDORI
入れ違いやったね〜
おれんちはOld Street駅の近くやで。けっこういいお店とかギャラリーがあるから、来たんじゃない?

tetta
ディズニーランドにもあるの?
意外と日常で起きてるけど、気づいてないだけかもよ!