2010-03-29

Milan & Como

Mater Misericordiae church, Baranzate, Milan, Angelo Mangiarotti (1957)






プレキャストコンクリートの屋根と全面が半透明素材で覆われた教会。
ガラスとポリカーボネイトの間に挟まれた発泡材がボロボロに崩れていてあまりに痛々しい。
貧しそうな地区だからかメンテナンスもされないまま放置。
当時の新素材で実験的なことをしたはいいけど時間に押しつぶされてしまった例。



Residential building, Milan, Angelo Mangiarotti (1960)




同じマンジャロッティでもこちらは高級アパート。良さげです。



10 Corso Como, Milan







イタリア・ヴォーグの元編集長が経営するセレクトショップ。
ギャルソンとのコラボで青山に出店したらしいけど、まだあるんですかね?でも東京ではここの良さは作り出せない。ヨーロッパは羨ましいな。
10 Corso Como(ディエチ・コルソ・コモ)は実際の住所で、その名前に因んで○を多用したアートディレクションもかわいい。
コートヤードにあるカフェがほんとに気持ちがよい。緑があふれて雀がちゅんちゅん飛び回る。薄汚いミラノのオアシスです。
大きな本屋もあるし、アートギャラリーもある。
ショップも素敵なものがたくさんあるけど、もちろん高い。


Casa del Fascio, Como, Giuseppe Terragni (1932-1936)










テラーニ建築を見にコモへ行きました。
カサ・デル・ファッショはファシスト党本部として建設され、現在は国境警備隊本部が入っている。
電話を入れると1階入れてくれました。(電話しても入れてくれなかった人もいるみたいなので、そのへんはイタリア人の気まぐれ任せ。)
厳格な比率とフレーミングが有名なので、もっとミニマルなものを想像していたら、かなり複雑な空間で、素材が豊かで、ディティールも細かい。
これを28歳の建築家が設計しただなんて、なんて早熟な。(そしてテラーニは39歳で自殺する。)



Asilo Infantile Sant'Eria, Giuseppe Terragni (1937)




テラーニ設計の幼稚園。中には入れなかったけど、予約すれば入れるみたいです。
天井が高く、透明感があって晴れた日なんかは気持ち良さそう。
道路に対して斜めに振った配置もおもしろい。
テラーニについて僕はそんなに詳しくないけど、ファシストだし自殺したし、過激で厳しい人物なのかと思いきや、そうでもないのかもと思わせる建築。

No comments: