2010-10-26

Kapoor in the Gardens

















潔く晴れた空と色づいた木々を反射して、かなりのカプーア散歩日和だったけど、水上のやつに関しては空を赤く反射させるはずなのに、逆光すぎてただの盆にしか見えなかったのが惜しい。白鳥が慰めに来てくれました。

参考リンク:www.artsy.net/artist/anish-kapoor (カプーアの作品がまとまって見ることができます。)

2010-10-22

Sunflower Seeds






テートモダンで始まった、アイ・ウェイウェイのひまわりの種を観に行ったんですが、なんと中に入れないことになってました。舞い上がる粉塵が健康に害を及ぼす恐れがあるという、意外な理由で。まことに残念。
傍観してるだけじゃ魅力が半減な作品ですが、それでもその背景も含めた壮大さに恐れ入る。
言ってしまえば何の使用価値もない陶器のひまわりの種を1億粒も、中国の貧しい村人たちが一つ一つ作ったんですが、横で上映されているドキュメンタリーと見ると、彼らは何のために作ってるのかはあまり理解していないにしろ、仕事ができて幸せそうでした。富める国の道楽がもたらした大事業を、貧しい村人がお金のためにひたむきにこなしている構図を、どう受け止めていいのやら、見ていると複雑な気持ちになる。でもやっぱりiPhoneは欲しいと思う。

2010-10-18

××



最近よく見かけるThe xxのポスターに惚れ惚れするのである。
元々貼ってあったポスターの上に、"X"型の図と地の切り抜きを並べて貼ってるだけ。文字情報は一切ないけど、一応EPの発売を告知してるんだと、あとで知る。ポスターを見ただけでは、xxが何かするんだなと勘ぐるだけ。
デビューした直後から一気に注目を浴びて、もはや超メジャーな存在にもかかわらず、さり気なくこんなポスター貼ってるってゆう、余裕があって尖ったストリート感覚。それを持ち続けられる土壌があるから、イギリスでロックが育ったのかもな。

http://thexx.info/
http://www.myspace.com/thexx